気分はまったり琥珀色 | 猫と私の日々のこと

悲しい記憶

 
9ケ月ぶりの更新です。
このままフェードアウトしちゃうのかな・・・と自分でも思っていました。
ずっと平凡で楽しい毎日を送っていたので。


みんなで




7月2日、サスケが突然亡くなってしまいました。
いつもと変わらない日曜日の朝、サスケはカレンと追いかけっこをして、ごはんを食べて
楽しく過ごしていました。
お昼近くになって、洗いものをしていたら、廊下の方からガシャンと音がして
みんな適当に遊んでいたようなので、誰かが何か倒したのかなぁとか思いながら
リビングから出て見るとサスケが横たわっていて、手足を動かしている姿が見えました。
遠くからは遊んでいるようにも見えたその姿は、痙攣のようでした。
てんかんかなとも思い、てんかんなら数十秒で戻るかも・・・とシドの時の経験から見守っていたのですが
サスケは戻ることなく、あっという間に舌を出してぐったりと動かなくなりました。
瞳孔も開いていて、無理だとわかっていたけれど、もしかして・・・
という思いで動物病院へ連れて行きましたが、やはり亡くなっていました。
それでも死後硬直が始まるまでは、どうしても亡くなったとは思えなくて
サスケを目の前にして泣き続けることしか出来ませんでした。
死因はわかりませんが、メインクーン系の子だと思うので、心臓かなと勝手に思ってしまいました。


お花に囲まれて


サスケが亡くなった日は、ルカが私に寄り添うようにいてくれました。
カレンはサスケの傍にいました。
リンリンは、いつも通りのマイペースさんでひとり別の部屋で眠っていました(笑)


サスケ


2歳10ケ月で旅立ったサスケ。
人間も動物も生まれる前に寿命を決めて生まれてくると聞いたことがありますが
私もこれはサスケが決めた寿命なんだと思っています。
いろんな理由があって2歳10ケ月に決めたのでしょう。
そう思わないと救われないというか・・・それが、一番納得する答えというか。


この記事を書くのはとても辛いことでした。
少し前にも、何度か書こうとして断念しています。
この2ケ月は、サスケに会いたくなって、毎日泣いていました。
いつまでも泣いていたら、サスケが心配して虹の橋に行けなくなるからと涙を堪えた時もありましたが
体調を崩してしまって、それからは心に逆らわず泣きたい時は泣くことにしたのです。
今は体調もだいぶ良くなってきたし、悲しみを乗り越えるためにも
先に進むためにも、書き残しておくべきだと思いました。
この記事を書いておくことで、もう亡くなった時のことは忘れてもいいと思えるから。
心の中には楽しい思い出だけが残ればいいなと。


「兄ちゃん、大好きだじょ」 「ボクちんもだじょ」
兄ちゃん大好き



サスケを亡くしてから、ブログを書いていてよかったと改めて思いました。
私以外の方にも、サスケという可愛い子がこの世に存在していたことを見ていただけて
サスケの思い出をすぐに引き出せることもブログの良さだなと感じます。
一時はやめようかと思ったブログですが、ルカ、リン、カレンの記録として
また少しずつ書いていきたいと思います。


9月7日、サスケとカレンは3歳になりました。
カレンのこと、もっと書かなきゃ。

「これからは、あたちが主役でしゅ」 
お誕生日

サスケは今頃、虹の橋でシドと一緒に楽しく暮らしていると思います。
もしかしたら、シドにも「兄ちゃん大好きだじょー」って追いかけ回しているかもしれませんね。
シドもルカに負けないくらいのカッコいい子なので。

お久しぶりなのに、こんな悲しいお知らせとなってしまいましたが
また、よろしくお願いします。

スポンサーサイト

Category : サスケ
Posted by コハク on  | 8 comments  0 trackback
該当の記事は見つかりませんでした。