気分はまったり琥珀色 | 猫と私の日々のこと

再診の日

 
いよいよ今日は、再診の日。

ルーちゃんのお耳の状態を確認に行きます。

見た目は、まずまずだと思うのですが・・・。

出かける前に体重をチェックしておきました。

5.44㎏。まずまずです。

急いでいたので、顔とか写ってなくても、「まぁ、いっかー」となりました。



体重OK



さすがに、キャリー = 病院 = 嫌なこと と覚えてしまったらしく

かなり拒否しましたけど、無理やり押し込みます。

「きっと大丈夫だよ!もう。キレイだもん。」




「嫌です・・・。大丈夫なら行きたくないです・・・。」
行きたくないよ



車の中はずっと鳴いていたのに、病院につくとぴたっと鳴き止み、固まっていました。

そこからは「大人しい子」

病院での体重も5.45㎏とほぼ家の体重計と一緒。

(ほんとに落ちてるんだ~。体重計の間違いじゃなかった。)

「あら~、体重減ったね~すごいね~。」

とお褒めの言葉をいただきました。

たった100gですけど、一歩前進です^_^;

そして、本題のお耳を見ていただくと

「赤みはないですね・・・あっ、ここは・・・」

「あっ!ここ赤いですね~」と私も発見。

耳の奥を見てもらうと、

「あ~まだ、汚れてますね。」

「え~~っ、そうですか。

 あの…いまいち、くちゅくちゅのやり方がいいのかどうか、わからなかったんですが。」

どうやら、くちゅくちゅする位置が違っていたようで…

耳の付け根の横の微妙な所なのですが、薬を入れて揉むと、くちゅくちゅ音がする所がありました。

そうやると、薬が奥に入っていくのだそうです。

練習させてもらいました・・・初めて聞く音と感覚・・・



あ~~失敗ーーーーーーーーーーーー。



「とほほ」
とほほ


ルカ、ごめんね。この10日間はなんだったの・・・。

ただ、嫌な思いをさせただけ?

ルカは家に帰って、しばらくは拗ねていましたけど。

おもちゃに集中させると、復活しました。

(いつも、同じような写真で申し訳ないのですが・・・)



「君はトンボたんじゃないね・・・。ハチたん?」  えっ、わかるの?
復活


トンボもハチもあまり違いはないのですが、トンボたんもかなり弱ってきたので

病院の帰りにおもちゃをいくつか買ってきました。

だって、あまりにもルカが不憫で・・・。



ストレス発散。ハチさんありがとう。
とったど~



やっぱり新しいので、羽音に対する食いつきが違います。



ぱんち



ルーちゃん、ご機嫌なおった?


「なんとかね。」
なんとかね



また、しばらくお薬を入れていきます。

でも、痒がったり頭を振ったりしなければ、病院に行かなくてもいいみたいです。

たぶん、耳の汚れとはずっと付き合っていくのかもしれませんね。

体質的なもののようですから。

悪い菌はいないようなので、皮脂汚れから病気にさせないように気をつけます!

それにしても、ルーちゃんごめんね~。






ランキングに参加しています。バナーをポチッとしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 猫ブログ アメショーへ
にほんブログ村

こちらもポチッとしていただけると嬉しいです♪



スポンサーサイト

Category : ルカ
Posted by コハク on  | 8 comments  0 trackback

8 Comments

ライナスの猫 says...""
病院お疲れさまでした!ルカ君も。
リンちゃんはまたお留守番だったのかな?

ルカ君とリンちゃんは、コハクさんの様なきっちりケアをしてくれるご主人様でとても幸せな猫ちゃんたちだなぁ、と思いました。本当に愛して愛されている感じです(o><o)
私も見習わなきゃいけないです。。。w

トンボ君に似たハチ君も大活躍ですね!!
ルカ君しっかり遊んでいるようだったので、安心しました(o^^o)
果たして、ハチ君の寿命はいかに。。。。w

おつかれさまでした☆
2010.12.20 23:58 | URL | #- [edit]
ねこ吉 says...""
ルーたんのとほほ顔とお耳・・・
病院で頑張ったのがよぉぉく分かります
もう少しくちゅくしなきゃないみたいですけど
頑張ってくださいね

あとリンク貼ってくれてとっても嬉しかったです
ありがとうございます(気付くの遅くてすいません)
早速うちにも貼らせて頂きました♪
2010.12.21 00:06 | URL | #- [edit]
コハク says...""
> ライナスの猫さま

思わず長文になってしまって、読むのが面倒くさいだろうな…
と思いながら書いてました(^_^;)
リンリンはお留守番でしたよ。
彼女がひとり、どうやって過ごしているのか。
と~っても気になります。(たぶん、寝てる・・・)

いや~、私なんかいい加減な飼い主で、反省することばっかりです。
猫にとって、病院はストレスだと思うので、
あまり病院に連れて行きたくないという気持ちもあります。
ただ猫って我慢強いですからね。
何かのサインを見落としたくないですよね。

トンボだかハチだか、名前がついてなければほとんど一緒ですw
これが、見た目より長持ちしました、トンボさんは。
なんとなく、トンボさんのおかげでダイエットできてる気がしています。
ここ最近は、トンボさん様様ですよ~(*´∀`*)
2010.12.21 00:30 | URL | #- [edit]
コハク says...""
> ねこ吉さま

本当に気の毒でした。
私がきちんと、くしゅくしゅの仕方を聞いていれば、
こんなことには・・・。
道理で、毎日立ち直りが早いなとは思っていたんですよ。
見えるところは、きれいなんですw
まさに、ぬか喜びでした。
リンクの件、ご報告が遅れましてすみませぬ<(_ _)>
遊びに行きやすいので、勝手にさせていただきました♪
こちらこそ、ありがとうございます(*^_^*)
2010.12.21 00:47 | URL | #- [edit]
nanae says...""
あら~。ルーたんのお耳
まだ治ってなかったのですね(´;ω;`)
お家で治療してあげるのとかって
人間と違ってどこが痛いのかとかの
反応がわからない分難しいですよね…。
またお薬期間が延びちゃったけど
ルーたんもコハクさんもがんばれ~!!!

うちはエースを病院に連れて行くのが
騒ぐのでちょっとやっかいですw
キャリーは好きみたいで入ってくれるんですけど
外が怖いのかずっと泣きっぱなしに
なっちゃうんですよね~( =`д´= ;)
こうゆう時はオンナの方が強いみたいですw
2010.12.21 07:04 | URL | #- [edit]
コハク says...""
> nanaeさま

治ってませんでした(^_^;)
でも、今度はきっと大丈夫!
ただ、あの顔を見ちゃうとかわいそうになりますけど。
その分、たくさん遊ぶようにします(*^_^*)

うちはふたりとも、キャリーに入れて、
玄関に行くと鳴き始めますw
車の中も、ずっと悲しそうに鳴きますね。
小さい頃、東京から青森に連れて来る時の山手線の中は
恥ずかしかった・・・w
渋谷から東京駅まで、ずっと、ふたりとも鳴きっぱなしw
新幹線は、眠ってくれたので助かりましたが。
病院でもずっと泣いてる猫ちゃんがいますけど、
エース君もそうなのかなw?
うちは、ビビリすぎて病院では嘘のように静かに、
そして固まります。
ビビリ具合いはルカの方がリンより上ですね~。
いつからでしょうか・・・
『オンナは度胸!』に変わったのかも知れませんねw
2010.12.21 08:58 | URL | #- [edit]
ミミィ says...""
うわぁ~ ルカたんのキャリーバックの中の
ウルウルなお目め・・・・これ見るとスミマセンって
思いますよネ・・・
トホホなお顔が かわいそうだけど
ちょっと 母性をくすぐりますw
うちもキャリーバック=病院 とわかっていて
バックを出しただけで
蜘蛛の子ちらしたように逃げてゆきます^^;
あ でも福助を手術に連れていく時
ぎゃあ~とか鳴いてたのに急に静かになったので
信号待ちで覗いてみたら
雨降りで ワイパー動かしててそれを目で
追ってました~心配したのに~

コハクさん 私も ↑うえのねこ吉さんと同じく
リンクを貼らせて頂きましたー
こういう事に疎くて気づくのが遅くて
スミマセン(*^^)v
これからも なかよくしてくださいネー♪
2010.12.21 16:01 | URL | #- [edit]
コハク says...""
> ミミィさま

ほんとに、すみません状態でした(^_^;)
このところ毎日、トホホ顔は見てるのですが、
病院から帰ってのトホホ顔は別格です。
それでも、家にいるのが私ひとりなので、
私に甘えるしかなく、なんとか信頼関係は保てているようですw
福助くん、ワイパーに集中なんて大物ですね~
もし、キャリーバッグから出したら、
大変なことになりそうですねw

リンクの件、こちらこそスミマセンです。
コメントする時に報告しようと思いながら、
うっかり、忘れてしまって・・・<(_ _)>
こちらこそ、なかよくお願いしま~す(*´ω`*) ♪
2010.12.22 08:34 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://lukelynn.blog102.fc2.com/tb.php/110-fdba7643
該当の記事は見つかりませんでした。