気分はまったり琥珀色 | 猫と私の日々のこと

慣らされていく私

 
休みの朝は、いつもより1時間くらい遅れてベッドから起きます。

にゃんずは、いつもの時間に起きているようで、ふたりでドタバタと走り回っています。

ちょっぴり静かになって、起きてみるとリンリンがいました。

「リンリン、おはよう! あれ? ルカは?」

部屋を出ると彼はいました。



「おはよ!」  えっ!!
またですか~?



あわててカメラを持ってきて、撮りました。

前回よりは、私、落ち着いています。 (前回の記事はこちら



ルカ、信じてるからね!
信じてるからね




コーナーはドキドキします。
ルカの尻尾




えっ!戻らなくていいから
振り返るなよ~




よそ見しないで~
集中しなさいって



と、ここまでで捕まえに走りました。

得意げに歩いているルカを見ているうちに、

ちょっぴりルカを信じたくなった私。

ルカは落ちない・・・いや、一回落ちてるけど、もう落ちない。

落ちても着地は成功するに違いない・・・と。



無駄に下に、薄いマットレスを敷いています。

(これまで、よく写真に写っていましたが、実は、落下用マットレスなのです!)

ウチに来る友人達には、「何、これ?」と笑われています・・・

DSC_4491_convert_20110116220316.jpg


一度怖い目に合うと、二度とやらない気がするのですが、

ということは、落ちることは怖くないのですかね?

コーナーとターンはハラハラするので、せめて一方通行にして欲しいのです。

方向転換が一番危険に感じます。

と、私が言ったところで聞く男ではございませんが。

でも、こうしていろんなことに、慣らされていくのでしょうか。

うちのキャットウォークはちょっぴり危険だわ~なんて・・・。

今のところ、まだその余裕は持ち合わせておりません。




ランキングに参加しています。バナーをポチッとしていただけたら嬉しいです♪
にほんブログ村 猫ブログ アメショーへ
にほんブログ村

こちらもポチッとしていただけると嬉しいです♪



スポンサーサイト

Category : ルカ
Posted by コハク on  | 6 comments  0 trackback

6 Comments

ねこ吉 says...""
そもそもルカ君はここに上がるのにひょいとジャンプで上がるんですか?
そこでうっかり滑って・・・とかないんでしょうか(ドキドキ)
今回は階段の下も写ってるのでちょっとくらくらです

ルーたんは肉球の間からはみ毛してますか?
うちのはたまーに切ってあげるんですけど、伸びてると良く滑ってます
どうかどうか滑ったりおっこちたりしないでね

キャリー赤でしたか!まったくお揃いですね
なんだかとっても嬉しいです

ちなみにこちらの雪は基本とっても軽いので
軽い内に除雪する分には大分楽です 
小さい頃の新潟の重たい雪に比べたらまだまだ楽です
でもさらさらで雪だるまに出来ないのがちょっと寂しいかも
2011.01.17 00:54 | URL | #- [edit]
nanae says...""
なんだかルーたん見てると
得意げというか、そこを歩くのが日課みたいなw
そんな雰囲気出てますよね~w
きっとコハクさんがいない時も
歩いてるんでしょうね(´ω`)
でも上から下を撮るとさすがに
こっちがビビる理由がわかります~(*´>ω<`*)
結構高さあるんですね~。

マットレス正解かもw
あ、あと↑ねこ吉さんも言われてますが
肉球の間の毛は切ってあげると滑らないですよね!
もうその辺は対処済みかな?w
今日も豪雪みたいですが、コハクさんも
転ばないように気をつけて~。
2011.01.17 07:02 | URL | #- [edit]
コハク says...""
> ねこ吉さま

最近、手すりに上がる瞬間を見ていないのでなんとも言えませんが
小さい頃に、目の前で飛び乗った時は、当時てすりに巻いていた段ボールを
蹴り上げるようにして、ピョンピョンと飛び乗っていましたよ。
(フレンドパークのウォールクラッシュのお手本の人みたいなイメージですw)
今もピョンって飛び乗っているんだと思います。
私も、ねこ吉さんと同じような心配をしています(>_<)

肉球周りの毛は、前は切っていたんですけど、
最近はあまり滑っていないようなので、すっかり忘れていました(^д^;)
なんだか、自分があまり心配症すぎる気がしていたのですが、
前回の時といい、皆さんのコメントを読んで
普通の感覚だったんだ~とホッとしています。

ねこ吉さんの所は、雪だるまができないくらいサラサラなんですね~
10年位前、パウダースノーを求めて、
ニセコとキロロにスノーボードしに行きました。
鼻毛も凍る寒さでしたw
しかも、せっかく行ったのに2回とも悪天候で
キロロに行った時は、スキー場目前にしてバスが事故るという
楽しい思い出が残っています!
2011.01.17 09:11 | URL | #- [edit]
コハク says...""
> nanaeさま

こちらの心配をよそに、かなり得意げですよね~
よそ見しないで!って言いたくなりますw
一度落ちた他に、一度落ちかかったこともあるのです。
その時は小さかったので、
手すりの(吹き抜け側の)底板に降りることが出来たのですが、
「ルカ、ここに降りて~」とマットレスを持ちながら
右往左往する滑稽な私がいましたw
人間の思う通りになんかならないんですよね(>_<)
結局、転落防止用に巻いていた段ボールとネットを取って
手すりの隙間から救出しましたが(;´∀`)
肉球の毛、だいぶサボっていました。
帰ったら見てみますね。

雪道は結構大丈夫なんですが、一歩お店に入った時に
靴の裏に雪が付いていると転びそうになりますw
その時は、結構足に力が入りますね~( *´艸`)
2011.01.17 09:42 | URL | #- [edit]
ミミィ says...""
あぁ、、またもや乗ってしまいましたねぇ(>_<)
きっとコハクさんのブログにお邪魔した人たちが、全員ヒイイィィーって
叫んでると思われます (汗
でも当のルカたんはどこ吹くかぜ~みたいだし
若いんだから運動神経だっていいはずだし・・・・・
でもターンと方向転換はどうかやめて!!
まるで親戚のおばちゃんみたいだけどすごく心配デス。
(だって上からの写真かなり高さがあるしw

マットレスはやっぱりあった方がいいですよねぇ!
万が一はあってほしくないですけど少しは安心できるので(・。・;
2011.01.17 15:23 | URL | #- [edit]
コハク says...""
> ミミィさま

またもや、やっちまいましたよ・・・Σ(- -;;ノ)ノ
それでも、カメラ構えながら、「ルカ、信じてるからね。しっかりだよ~」
と言っていましたw
それで、コーナーを過ぎて、横向きの写真を撮って終わろうと思った矢先に
何故戻る?だったんです。
正面を写して欲しかったのかしら?
方向転換は本当にハラハラしますね。
今後どうしたらよいのか、さっぱりわかりません(>_<)
ルカをひたすら信じ続けるべきか・・・
知り合いの大工さんに何か細工してもらうべきなのか・・・
親にこんなこと話すと、「馬っ鹿じゃないの~?」と言われるのですが
猫を知り尽くした方々が危険だって言うんだから、
やっぱり危険なんですよね・・・
ルカに慣らされてる場合ではなかったですね(´・ω・`)
2011.01.17 18:51 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://lukelynn.blog102.fc2.com/tb.php/138-27168dfb
該当の記事は見つかりませんでした。