気分はまったり琥珀色 | 猫と私の日々のこと

リンリンの意外なお気に入り

これは昨日のこと。

お出かけ前に、新しいTシャツでも着ようかと取り出すと

間に薄くて白い紙が挟まっていました。

丸めて捨てようとすると、カシャカシャに反応してふたりがどこからともなくやってきました。

時間ないんだけど・・・軽い気持ちで投げると見事にリンリンがキャッチ。

すぐさま口に咥えると「ウー」とうなりだしました。


「ウーーー」 ルカに向かって威嚇しています
ウー


どうやら彼女のお気に入りになった様子。


「来ないでっ」 2階の部屋に行っても威嚇し続け
ついてこないで



「なんで、ついてくるのよ~」 「だって、気になるじゃん」
はなさないんだから



リンリンのヒゲになってしまったかのような、白い紙
白髭おりん



「フーッ」
フー


このあと出かけなければいけなかったので

取り上げるまで10分くらいかかりました。

コピー用紙よりも薄い紙なので、すぐ柔らかくなるものの

リンリンにはたまらないようで・・・

今日も別の紙で試してみました。

コピー用紙は、転がして遊びますがそこまで夢中ではありません。

ならば・・・半紙を丸めると



「これも、まあまあね」
今日も


薄くて軽い紙がお気に入りのご様子。

洋服屋さんの白い紙・・・侮れないヤツでしたw



ランキングに参加しています。ポチっと応援お願いします♪
にほんブログ村 猫ブログ アメショーへ
にほんブログ村

こちらもポチッとしていただけると嬉しいです♪
人気ブログランキングへ


スポンサーサイト

Category : リン
Posted by コハク on  | 12 comments  0 trackback

12 Comments

ふるーつ☆ぐらたん says...""
リンちゃん、可愛いですね。よっぽど、その紙が気に入ったんですね。
アメリカンショートヘアーの猫ちゃんの色といえば、シルバークラシックタビーしか、知らなかったのですが(シド君の色ですよね?)コハクさんのブログで、始めてレッドタビーの猫ちゃんを知りました。
優しい、綺麗な毛色ですね。
2011.05.02 20:27 | URL | #u2lyCPR2 [edit]
コハク says...""
> ふるーつ☆ぐらたんさま

初めまして!!
コメントありがとうございます♪
そうですね、アメショーといえばやっぱり誰もがシルバータビーを思い浮かべると思います。
そんな私も、実はルカ&リンを飼う数ヶ月前まではレッドタビーなんて知りませんでした^^;
ところが、アメショーはまだまだたくさんの毛の色があるんですよ~
カメオタビーやブラウンタビー、白、黒、その他80位の毛色があるようです。
レッドは優しい色だな~って私も思います(*´∀`*)
また、遊びに来て下さいね!!
私も遊びに行かせてもらいまーす(^o^)/
2011.05.02 21:34 | URL | #- [edit]
ねこ吉 says...""
繊細なリンリンたんには繊細な紙質がお似合いですわよ
噛み心地なのかなぁ・・・
ルーたんを近づけたくないくらいお気に入りなんですねww
かわいい~

うちなんて噛まれてもいたくなーいが売りのトラ柄手袋
こちらがしっとりなんてモンじゃないくらい噛みまくります
ウッカリ踏むと、靴下がしっとりするくらいorz
もう少し女の子っぽくなってほしいなぁ
飼い主ににてダメかもですがww
2011.05.03 01:23 | URL | #- [edit]
LNRM says...""
リンリンたん、威嚇してる姿がなぜか女らしく見えたのは私だけ?
ハッピーと比べてすごく色っぽい❤
ルーたんはなぜ威嚇されてんだか??って感じですかね(*^_^*)
紙質にもこだわるところがいかにもニャんズらしいですね!!
「私は好みにうるさいのよ!」的なリンリンたん、
やっぱり色っぽい❤
私変ですね(笑)(笑)
2011.05.03 05:20 | URL | #- [edit]
nanae says...""
リンリンたんは威嚇しててもお顔が怖くないですねw
アンちゃんのおもちゃ取られたくない時に
エースにする「シャ~フゥ」はなかなか
牙出て怖い顔してますよ(・´艸`・)

洋服の間に入ってる半紙がお気に入りなんですね。
食べちゃったりはしないんですか?
うちはアンちゃんは絶対あの紙質は
食べちゃいますよ~(;´∀`)
段ボール食べるぐらいですから(´;∀;`)
2011.05.03 15:24 | URL | #- [edit]
ミミィ says...""
あーこのお顔、いちごが鳥さんを持ってきた時の表情www
キビシイ顔だけど得意げで、傍によると怒っちゃって~!
リンリンたんは、獲物を捕えた気分だったのかもですネ♪
大事な獲物。。。 当然ルーたんには渡したくないんですな(^_^;)
私の経験では、女の子の方が狩りが上手でした。
やっぱり子どもを養う力が備わってるんですネ~
男の子は良い所で逃げられてましたョ!
ライオンの世界と同じで メスの方が狩りが上手いのかな。。。
2011.05.03 15:37 | URL | #- [edit]
コハク says...""
> ねこ吉さま

何がお気に入りの基準なのかさっぱりわかりませんね~
キャッチして口に咥えた瞬間に「ウーっ」でした^^;
軽いのがいいんでしょうかね~
でも、すぐヨレヨレになってつまんなくなりそうなんですけど
ずっと咥えてました。
ルカもその反応が返って気になってしまうらしくずっとストーカーでしたw
うちのリンリンは、正直女の子っぽいですw
ルカとはとっても対照的なので・・・でも、繊細かどうかは疑問ですにゃ(^ω^)
2011.05.03 23:21 | URL | #- [edit]
ライナスの猫 says...""
うなるぐらい気に入ったのでしょうか!?
いいないいな~!
我が家でも試してみたいです♩
威嚇されながらも付いて行くルカ君。。。w
なんだか可哀想ですが可愛いですw
すご~く気になるんですね。

今度試してみます!w
ずっとくわえてるなんて、可愛すぎます!(>v<)
癒され~♩
2011.05.03 23:26 | URL | #- [edit]
コハク says...""
> LNRMさま

えぇぇぇーーーー!!
リンリン、色っぽいですかww?
たぶん、ハッピーちゃんの可愛さを見ちゃうと
大人の女に感じちゃうのかもw
でも、たまにリンリンが横たわってる姿を見ると
色っぽいときあるんですよ♪
だから、LNRMさんは案外見抜いてるのかな~(*゚∀゚*)
猫のお気に入りの基準ってさっぱりわかりませんねw
でも、これからはリンリンよりも先に
薄めの紙に反応してしまう私がいるかもしれません^^;
2011.05.03 23:29 | URL | #- [edit]
コハク says...""
> nanaeさま

そうですね~
顔はまだ怖くなっていませんよねw
ルカも十分距離を保っていたので「ウーッ」で済んでいたのかもしれません^^;
ずっと、低音の魅力を響かせていましたよw
「シャー」とかキバ出しちゃうと取られると思ってるのかもww
洋服に挟まってくる薄い紙は、下手すると食べそうな感じですよね。
私も心配だったので、そのままにはしておけませんでした。
薄いのですぐ柔らかくなるしね~
近くにいて見てる時限定ですね、これは。
段ボールは、ふたりともガシガシ齧るけど
残骸がそこら中に散らばっています(-_-;)
アンちゃんには、この紙は危険ですね・・・っていうか
うちのように散らかっているとアンちゃんに危険な物多そうですw
2011.05.03 23:40 | URL | #- [edit]
コハク says...""
> ミミィさま

いちご師匠もこの表情だったんですねww
そっか、獲物を捕まえた気分だったののですね~
普段は、咥え歩きはルカのお家芸なのに
この時はリンリンが「ウーっ」ってなってビックリしました!!
でも、何故このヤワな紙なのか理解不能ですが
ルカには絶対渡したくなかったようで、私も奪い取るのに
かなり手こずりましたよ^^;
あ~そういえば、リンリンの母性がなんとなく感じられたんです。
赤ちゃんがいたらこんな風に守るのかな~とか思いましたよ(*゚∀゚*)
うちでは断然ルカの方が狩りが上手そうだけど・・・
いざとなると違うのかもしれませんねw
2011.05.03 23:53 | URL | #- [edit]
コハク says...""
> ライナスの猫さま

ほんと、咥えた瞬間からうなりだしましたよw
どこがいいのかさっぱりわかりませんが
彼女にはお気に入りなんですね~
薄くて唾でベチャベチャになりそうなので
お試しの時は傍で見ていて下さいね~
食べちゃったら怖いのでww
って他のにゃんこにも通用するのかはいささか疑問ですけど
どんな感じか機会があったら是非教えてくださいね(´∀`*)
威嚇されながらも、どんどんついて行くルカも
面白かったですw
たぶん、あまりにリンリンがハマっているので興味深々だったんでしょうね^^;
この時ルカは全くこの紙に触れることなく終了。
ふたりとも名残惜しそうに、ゴミ箱を眺めておりました(;^ω^)
2011.05.04 00:13 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://lukelynn.blog102.fc2.com/tb.php/256-2beb1ea7
該当の記事は見つかりませんでした。