気分はまったり琥珀色 | 猫と私の日々のこと

私の乳がん病理結果

今日の話は長くなります。
タイトル通り、私の乳がん話なので、その話はちょっと・・・という方はにゃんずの写真をちりばめますので
写真だけでも見ていって下さいね。


「悪いやつはリンリンたんがやっつけてあげる・・・シュッシュッ」
ボクサー


ルカ&リンリンの誕生日だった9月26日は、私の乳がんの病理検査の結果を聞きに行く日でもありました。
退院から約1ヶ月半、その間診療の予定はありませんでしたが
腫れが出たり、傷口から出血したりと2度ほど病院に行きました。
今は腫れもなくなり・・・手術した左胸はすっかり小さくなりました。
胸はがっちがちに硬くて、傷に引っ張られているせいか外側に向かいたがります(泣)
溜まっていたお水が吸収されて、深いシワが何本か刻まれています。
これがが癒着ってやつでしょうか。
徐々に治るのかな~柔らかくはなるといっていたので、変化を楽しみにしています。

ルカ


待合室でぼんやりしていると、同じ病室に入院していた2人に会いました。
退院後の話で大いに盛り上がり、1時間半の待ち時間も全く退屈しませんでした。
個室希望だったけど、大部屋になってがん友ができたことは今思うとよかったかも。
私が一番先に呼ばれて診察室に向かいました。

「腫瘍はやはり乳がんでした。
 腫瘍の大きさは4㎝。
 リンパ節の転移はありません。
 ホルモン受容体が陽性だったので抗がん剤なしで、
 放射線とホルモン治療をします。
 ホルモン治療の薬は明日から飲んで下さい。
 放射線はいつからにしますか?」

こんな感じで始まりました。
病理検査の結果をプリントアウトできるか聞いたら出来ないって・・・
ネットで、病理検査の結果はお願いすればもらえるって書いてあるのを読んで
聞き逃しても大丈夫って思ってたのに・・・聞きたいことをメモしてくるんだったな。
病院によって違うのでしょうね。
私の主治医は必要以上の事は言わないタイプらしい。
これはまずい、何か聞かないと・・・

「HER2はどうだったんですか?」
「陰性でした。」
 
「癌の顔つきと言いますか・・・グレードは?」
「うーん、グレードは2ですね。」
「あっ、じゃあ普通ってことですか?」
「中間ってことね。」 たしかに、普通はないよね・・・(-_-;)

「ホルモン治療は注射はないんですね?」
「はい。飲み薬だけ。」

「5年間飲み続けるんですか?」
「最低5年飲んでね。ホルモンは両方陽性でした。ERとPgR」

「腫瘍が4㎝でも抗がん剤なしでいいんですか?」
「抗がん剤は5㎝以上から、それも他の条件と合わせて考慮しますから
 大きさだけで判断するものでもないです。」

と私からの質問に答える形で進んでいきました。
頭の片隅にあったものをなんとか聞き出しました。
こちらから聞かなかったら教えてくれたかわかりません。
自分のことだから、ちゃんと知りたいじゃないですか~
本当はちゃんとした数値も見たかった・・・見たからってどうなるものでもないけど。
この時は、質問事項をまとめていなかった自分を責めてました。

結果をまとめますと、
私の乳がんはホルモン依存度の高い癌で
抗がん剤治療よりもホルモン治療の方が有効なのだそうです。
いろんなタイプの乳がんがある中で、ホルモン陽性でHER2陰性の私の乳がんは
1番予後がいいらしいです。
抗がん剤より副作用も少なくて、治療の的が絞れてるだけよいのかと思います。
(上5行は家に帰ってから調べてわかったもの。お医者さんから聞いたものではありません。)

診察室を出て早速2人に報告。
その後、2人が順次呼ばれていきました。
1人の方は、「ダメだった・・・」って言いながら帰ってきました。
「ダメって何が?」
残念ながらリンパ節に転移が見つかって再手術になってしまったのだそうです。
ここの病院では今手術がいっぱいのため、転院するとのこと。
もう1人の方は、ホルモン陽性、HER2陽性でまずは化学治療をするらしい。
結局、1番治療が楽そうなのは私かなと感じました。
でも、なんだかそれぞれの結果に気分は重いものがありました。

リンリン


放射線科の予約を入れるのは、乳腺外科からなのだそうで
「いつからにしますか?明日から予約入れられるけど。
 なんだか、今日の予約の人達みんなキャンセルになったようなんだよね~
 今週、学会だったのかな?」
いや、その辺しっかり確認してくれないと・・・明日来てもそのまま帰るんじゃ洒落にならんですよ~
私の主治医は、私の手術日をよく似た名前の人と間違えた前科があるのです。
「じゃあ、来週の月曜日に入れて下さい。」
安全側で先延ばしにしてしまった(^_^;)
とりあえず、次の日から薬(抗エストロゲン剤 タスオミン)を飲み始めました。
気になる副作用は、更年期障害のような症状がでること。
そして、体重増加!!だって。
あと、視力低下とか、目にもくるみたいです。
私の弱いとこついてくるな・・・(>_<)
気にしちゃいかん!!と思ってはいるけど、気にしちゃってるしw
そういってみれば傷口見なかったな~
家に帰ってから気がつきました。
主治医の診察は1ヶ月半ぶりなのに。

新しい首輪


乳がんと告知されてから、ネットや本で調べていくうちに
『がん=死』 『転移、再発=死』ではないことがわかって
とっても前向きに治療されてる方が多いことにも励まされました。
私も手術を終えた辺りから、『大丈夫♪ 死を意識する必要はない!!』
って思うようになりました。
医療も日々進化しています。
治療を進めていくうちに、また有効な治療が開発されていくでしょう。
にゃんずがいなければ、病気のことももっと淡々としていたかもしれません。
人間は守るべきものがあると強くなれるな~と実感しました。
たかが猫・・・このブログを見に来てくれてる人はそんなこと思いませんよね。
かけがえのない家族と一緒に生きていけるのは幸せです。

いつもの風景


だらだらと、なんのこっちゃ~だったかもしれませんね。ごめんなさい。
追記もあります。まだ読めそうでしたらどうぞ。
ホルモン依存性の乳がんについて書いてます(私のメモです)

ランキングに参加しています。ポチっと応援お願いします♪
にほんブログ村 猫ブログ アメショーへ
にほんブログ村

こちらもポチッとしていただけると嬉しいです♪

 

ホルモン依存度が高い乳がんっていうのは、癌細胞の中にホルモンレセプターを持っている癌だそうで
ホルモンレセプターにはエストロゲンレセプター(ER),プロゲステロンレセプター(PgR)のどちらかが陽性の場合、ホルモン療法が有効とされています。

女性ホルモンの一種であるエストロゲンが、乳がん細胞の中にある、エストロゲンレセプター(ER=エストロゲン受容体)と結びついて、乳がんの増殖を促します。

乳がん細胞の核の中のカギ穴(エストロゲンレセプター)に、カギ(エストロゲン)が入ると、分裂・増殖の扉が開かれるのだそうです。

これに先回りして、カギ穴(エストロゲンレセプター)に抗エストロゲン剤を入れて、エストロゲンが結合できないようにして、乳がん細胞の分裂・増殖を阻止するのがホルモン治療となるようです。

咄嗟に、カギ穴にガムを詰められる悪質ないたずらを思い出してしまいました。
つまり、今飲んでるのはこのガムに当たるのか~
私の場合は、タスオミン(抗エストロゲン剤 一般名タモキシフェン)という薬の服用だけなんですが閉経前だと

・ホルモンレセプターに付いてエストロゲンが結合するのを阻止する方法(私はこれ)
・ホルモン療法には、エストロゲン自体を作らなくする方法
 (卵巣でエストロゲンを作らないようにする、LH-RHアゴニスト製剤の投与)

があるそうで、その辺の治療の選択の違いも何でなのか聞きたかったな~
次回の乳腺外科の診察は12月19日。
その次までには質問を揃えておこうっと。

リボン


☆メモ☆
HER2って何?
HER2タンパクは、正常な細胞にもわずかに存在し、細胞の増殖調節機能を担っていると考えられていますが、過剰に発現したり活性化したりして細胞の増殖や悪性化に関わるとされています。
HER2タンパクの過剰発現やHER2遺伝子の増幅を調べ、HER2の多い癌をHER2陽性癌というようです。


グレードって何?
核や組織の悪性度を示す数字です。

グレード 1: 顔つきのおとなしいがん細胞
グレード 2: 中間のがん細胞
グレード 3: 顔つきの悪いがん細胞

スポンサーサイト
Category : 乳がんのこと
Posted by コハク on  | 9 comments  0 trackback

9 Comments

めたぼんアトム says...""
いろんなことをコハクさんのブログで知っていく。
私だったら、どうしてただろうか。考える。

お医者さんって、がん治療の説明も、そんなあっさりしたものなんだ。
私だったら不安で聞きたいことが山ほどある。
でも、なんて聞いていいのかわからない。
聞けても、万が一めんどくさそうに答えられたりしたら、それ以上聞けなくなる。
コハクさん、よく思い出していくつか聞けたよね。

わたしも、くじけそうなときもアトムがいるからガンバれてるよ。
これからも、アトムと一緒に応援してるからね。
また治療の経過を教えてください。

わたしも11月に無料の婦人科検診に行ってきます!



2011.09.30 21:41 | URL | #- [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011.09.30 22:05 | | # [edit]
コハク says...""
> めたぼんアトムさま

そうなの~!!
大きい病院のお医者さんってたくさん患者さん診てるからなのかな~
案外あっさりしてるの。
特に主治医がそうなんだよね~
もう少し若いお医者さんはもっと丁寧に説明してくれてるらしいけど。
いろいろ聞きたいとなったら自分で準備しとかなきゃダメなんだなって実感。
あっ、でも聞けばちゃんと教えてくれるし、感じは悪くないのよ・・・
実は、自分はホルモン依存じゃないって思い込んでたところがあって^^;
ちょっぴり面食らってます。
私も婦人科検診に行かなくちゃ~
書き忘れたけど、副作用に子宮内膜症や子宮体癌なんかも挙げられてるから。
ま、これは副作用うんぬんじゃなくても行かないといけないんだけどね。
お互い、自分のこと大事にしましょうね!!
応援してくれてありがとう(^o^)/
2011.09.30 23:27 | URL | #- [edit]
mari says..."お久しぶりです。"
リンちゃん・ルカちゃん おたんじょうびおめでとうございます!!
2歳ですか~。若いですね!
私はムギの誕生日がくるたびに もう大きくならないで~!!って思います。
自分と猫の寿命が一緒だったら良いのに・・・って思っちゃいます。

ところで、身体の方は大丈夫ですか?
癌の知識が乏しい私は 難しい事が分からないんですが、
親戚、知り合いは癌が多くて、家族も丈夫な方ではないんです。
身体が丈夫な私は自分が身をもって体験してないので、
昔からいつも単に声をかけることしかできません。
医者通いが多い母は自分にあったお医者さんを探しまくって
今は話をよく聞いてくれる主治医に長く通うようになりました。
腕も大事だけど、精神的に落ち着くお医者さんのほうがイイそうです。
コハクさんも、辛かったり苦しかったりしたら ブログを通してでも
ぶちまけて下さい。
それから、ペットショップかづみさんも心配していました。
お大事にと伝えて下さい。と仰っていました。
5年間も薬を飲み続けるって身体も精神的にも
大変だと思います。
無理は禁物ですが、どうぞそこは頑張って下さい!
何も出来ない私ですが、良くなる事を
ムギと一緒に心から祈っています。
2011.10.01 00:27 | URL | #- [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011.10.01 00:49 | | # [edit]
ミミィ says...""
まずは少し安心しました。 安心なんて言い方は良いのかどうか
わからないけど、リンパの転移もない様だし、
グレードも中間・・
なんだどーってことないじゃない!!って気持ちで
進んで行きましょうネ! 応援してるからネ♪
それにしても、病院の主治医ってあっさりとしてるのね。
毎日毎日いろんな患者さんを相手にしてるから
慣れっこなんでしょうけれど、みんな個人それぞれが
不安でいっぱいなんだから もう少し血の通った接し方って
あっても良いですよネ~
コハクさんが ちゃんと質問したい事思い付けて良かった~
うやむやで診察終わっちゃいそうだものネ・・
今度は聞きたい事はメモっていかないとダメですネ・・
5年間の治療は長いけど、にゃんずとともに
ずっと応援してますョ!! 頑張って~!!
2011.10.01 16:07 | URL | #- [edit]
コハク says...""
> mariさま

お久しぶりです!!
ルカとリン2歳になりました~♪
リンリンはムギちゃんの妹ハニーちゃんに似てるでしょ~
mariさんのブログでルカ&リンのパパ、ママに会えて嬉しかったです!!
乳がんになってすぐの時は、もしかしたらルカ&リンよりも先に
私が逝っちゃうんじゃないかと心配してましたけど
今は「まっ、大丈夫っしょ!!」って思ってます。
我が家の目標はとりあえずみんなで20年生きよう~ってことですかねw

うちの主治医も悪くはないのですが、なにせ多忙すぎるようで・・・
大きい病院も良し悪しだなと思いますね^^;
精神的に安心できるお医者さんに出会えたら、本当にいいですよね~
かづみさんにも大変良くしていただいて、感謝してます。
にゃんずの人形もお見舞いですって言って下さって(涙)
みなさんに応援してもらえて本当に嬉しいです!!
ムギちゃんに応援してもらえたら元気モリモリですよ~
ありがとう♪頑張ります(^o^)/
2011.10.01 17:32 | URL | #- [edit]
コハク says...""
> ミミィさま

ご心配おかけしてましたが、結構大丈夫そうでしょ♪
抗がん剤も覚悟してて、友達からウィッグのカタログ借りたりしてたのに・・・
いい方に転がりました(*^_^*)
主治医の先生も当たりはソフトだし、悪くはないんだけど
なにせ多忙すぎるのでしょうね・・・
待合室の患者数、ハンパないですしね~
とはいえ、もっと説明があってもよかったなとやっぱり思っちゃう。
ほんと、次回は質問事項メモしていかないとダメですね。
5年の治療、10年でとりあえず完治・・・って長いけど
きっと、振り返った時にはあっという間なんでしょうね。
応援ありがとう♪頑張ります(^^)v
2011.10.01 17:46 | URL | #- [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011.10.03 11:49 | | # [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://lukelynn.blog102.fc2.com/tb.php/336-80f4dfd8
該当の記事は見つかりませんでした。